Our Stellar  Days
by StellarS
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

地域のイベントに思う(8月31日)

毎年恒例なのですが、
町のお祭りが8月最後の日曜日にありまして、
昨日も例年通り開かれました。

午前中から夜遅くまで、1日中のお祭り。
子供みこしを出したり焼きそばや焼き鳥の屋台を出したり、
はたまたカラオケ大会、賞品の当たる大抽選会・・・
実行委員の方々は本当にたいへんなことと思います。

私も綿菓子おばさんになって、
体中、砂糖にまみれてお手伝いしました。

ですが、毎年思うんです。
どうして子供たちの夏休み中にやらないのかな。
どうして日曜日なのに、翌日は学校なのに、夜遅くまでやるのかな。

学校では、子供たちの就寝時間が遅くなっているといって
いろいろな活動をして改善しようとしています。
地域もそれに協力しているのではなかったっけ?
学校と地域(保護者)の姿勢が一致して初めて効果が上がるのでは?

楽しい行事に水を差すようですが、
毎年どうしても同じことを感じてしまうのです。

(rik)
[PR]
by StellarS | 2008-08-31 23:04

短かった梅雨が今頃きたの?(8月30日)

本当に毎日変な天気ですね。

お盆過ぎてから、梅雨に逆戻りのように雨続き・・・秋雨?なんでしょうか。

各地でのゲリラ豪雨の被害、本当に心痛の思いでニュースを見る毎日。

お陰で、今年は水不足にはなりませんでしたが、水の被害が昨年に比べて多いことでしょう。

気象庁の予報では9月はどうやら、例年より暑い9月になるのだとか。

9月は運動会や文化祭などイベントが続きますから、秋晴れ!の中

楽しい思い出を作りたいですね。


(May)
[PR]
by StellarS | 2008-08-30 23:26

夏休みが明けて・・・      8月29日(金)

今日は、夏休みが明けて2週目のレッスンでした。
生徒3人全員がそろいました♪ 

久しぶりにフォニックスの歌で初めてみようかなと。
学年が上のみんなには、歌は、恥ずかしがって嫌かな~と心配したけれど、
夏休み明けの間もないリラックスした感じの中、楽しそうに、最後まで歌っていました♪

歌は、フレーズも自然に覚えられていいので、
時々、ウォーミングアップに入れてみようかなと思います。

今日もまた、大雨、雷注意報が出ていたので、夕方みんな来れるかな?
本当に、最近のお天気は、不安定ですね・・・

ゲリラ豪雨で、各地で事故も起こって・・・

昨日は、娘のお稽古の帰り、足が隠れるくらいまで水が流れてすごかったです。

気温もそう高くないようで、ムシムシとしてますし、

みなさんも、体調に気をつけてください。


mmm
[PR]
by stellars | 2008-08-30 01:10

物作り  8月28日(木)

夢中になって取り組めることってありますか?

私の趣味のひとつに「物作り」ってのがあります。
布・毛糸・麻紐・紙・木材・貝殻・・・・、素材は何でもあり!
お店や雑誌で気に入ったものを見つけると、
見よう見まねで、作っては壊し、また作る・・・。

最近は毛糸を使って、サクサクと編み上げていくことに熱中!
先日、Y先生の誕生日に毛糸で作ったバッグに入浴剤を入れてプレゼント♪
その時に、喜ばれ、感心され、それで気分を良くしてまた、サクサク~
色違いでいっぱい作って、友人たちにもプレゼント♪
d0076641_2147521.jpg


 「よく、作る時間があるね~」
 「こんな細かい作業、イライラしない?」

こんなことをよく言われますが、いえいえ!
物作りに熱中している時って、何もかも忘れられるんです。
すべてのモヤモヤを取り払って、頭の中を空っぽにできる時間。
そう、自分自身をリセットさせる時間。
自分自身を平衡に保つため、私にとって必要な時間。
そんな時、みなさんは何をしますか?

そうそう、この夏、ステラキッズも物作りに熱中していましたね!

創造力を駆使して、作り上げた「図形工作教室」
d0076641_22104973.jpg


夏の思い出の品となった「ENGLISH TIME」
d0076641_22123757.jpg


みなさんの「夢中になって取り組めること」、何ですか?

etk
[PR]
by StellarS | 2008-08-28 22:16

2学期始まりました。(8月26日)

2学期というと昔は9月から始まりましたが
最近はどこでも8月中には2学期が始まっているようです。
(そんな中で家の娘の学校はまだ夏休み中ですが・・)
子供たちは夏休みの宿題を終え
今度は運動会の練習だそうで・・・・
あ~忙しい!!(泣)

しかもここ沼田では運動会が9月の最初の週末
練習する暇なんかないんじゃないの~?ってくらいのスケジュール
子供たちは英語のレッスンが始まる頃には
もうへとへとって感じです。

今日の幼児のクラスも
みんな眠くなってきてしまって・・
時々ぐずっている声が聞こえていました。

でも教室をのぞいてみると
夏休みを過ごした子供たちの姿は
なんと大人っぽくなっていること・・
ビックリです。

2学期は学校でも行事が多く
ステラでもHalloweenや発表会が続くので
子供たちにとっても楽しみもあり、忙しさもあり
ちょっと大変ですが
元気いっぱいがんばりましょう!!

eik
[PR]
by StellarS | 2008-08-28 01:39

寒くなりました (8月25日)

今日から2学期が始まる学校がほとんどですが

ただでさえブルーが入りそうな日なのに
空は雨模様

先週から急に寒くなってしまい
長袖を着ないとくしゃみ連発してしまう。

暑かった夏の反動なんでしょうか?
涼しいを通り越してます。

天気予報では今週末までは
ずっとこんな天気とか・・・

天気が回復して
さわやかな秋の日になってほしいな。

友達のぶどう園で
毎年のんびりと過ごす休日
早くオープンしてね

待ちわびていた秋がきます
今は寒いけど←(しつこい)

yum
[PR]
by StellarS | 2008-08-25 12:47

統一テスト(8月24日)

今日は、1,2年生の統一テストの日でした。

とくに1年生にとっては業者のテストは初めて。

教室に入ってくる様子から、すでにみんなちょっと緊張気味。

テストを始める前に書いてもらう志望校記入の表も、

とても丁寧に慎重に、なんだかおっかなびっくり書いている感じで(笑)。

半分緊張しながら、テスト漬けで4時間半。

終わった頃にはみんなぐったり、ばったり。

お疲れ様でした。来月返ってくる結果が思わしいことを祈るばかりですね。

(Lin)
[PR]
by Stellars | 2008-08-24 18:30

成長 (8月22日)

息子の小学校の夏休みは 今日まで。

東京都内なのに。

公立なのに。


その分、秋休みがあるわけでもなく 二期制というわけでもなく
皆に比べて なんだか 一週間損したみたいだけど
本人は 淡々としています。


1人で サクサクと宿題をこなし ほぼ終わりました。

雑巾までミシンで縫っちゃって。


10歳の夏  いろいろな体験を通して 彼はさらに大きな成長を遂げたようです。

毎日 会っている我が子でさえ そうなんだから 久しぶりの生徒は いかばかりか。
新学期 みんな どんな風に 成長しているか 楽しみです。

(bin)
[PR]
by StellarS | 2008-08-22 13:18

Friends (August 21st)

What does it mean to be a friend?

All of us have had a friend at some point in our lives. Many people we know may fall into the "acquaintance" category. But friends are different. We all have different criteria we use in deciding who will be our friends. Sometimes, we don`t even try to make a friend, it just happens. Some of us may have stricter guidelines than others in choosing who will become our friends. For some, it`s a matter of things we have in common with someone. For others, it may just be a matter of convenience. We all become friends in different ways.

I have had a certain friend for 22 years. I met him when I was only 6 years old. He was 4. I am now 28 and we are still good friends. I think we became friends because we lived across the street from each other. We would stand out on opposing sidewalks and kick a ball back and forth since neither of us could cross the street yet. Convenient. But now we are good friends even as grown ups.

Another friend of mine I met 12 years ago in high school. We were in the same math class. We both enjoyed rollerblading(in-line-skating). We built the foundation of our friendship on that common interest. Now, we no longer skate, but we are still good friends.

I`ve heard that for guys it doesn`t take much to become friends. Maybe this is true the majority of the time. We may start a friendship out of nothing and build it as we go. That`s just how we tend to do it.

Building a strong, long-lasting friendship is not easy. You generally have to have something(s) in common and have to be accepting and understanding. Yes, even men. Eveeryone has flaws. No one is perfect. And in order to continue a relationship with someone, we need to be able to look past these flaws. If we can`t, the friendship will cease to exist. A true "friend" will be able to accept us for who we are. If we went around telling each other every little thing that we don`t like about, or approve of somebody, no one would have any friends. Tolerance is key.

Personally, I don`t that I have ever been "good" at making friends. I think it has to do with the fact that I may not make a great first impression. People say that I always look serious or angry, or in a deep state of thought. I don`t know...

But I have always been good about keeping the friends that I do have. I must be accepting of my friends.

So, when do we open our mouths and tell how we really feel about someone? Well, if you want to continue to be friends with that person, the best answer would be.......probably never. No one wants to be told all the negative qualities that they have. And hey, guess what, they probably already know!!!

There is a fine line between encouraging and criticizing. And sometimes once you cross that line, nothing can be done to repair the damage that has been done. And that could end relationships. And it does. Everyday.

So, my point is this, we must accept those that we care about for who they are, and mustn`t put them down unless you`re ready for their reaction which may be a serious one.

"Tolerance and acceptance. Keys to any successful relationship."-Ron

Ron
[PR]
by StellarS | 2008-08-21 21:06

今週から (8月20日)

 夏休みが終わり、今週の月曜日からレッスンが始まりましたね。 

私は子どもたちがレッスンがあることを忘れていないかな? 宿題をやってくるかな?

などといろいろ心配していたのですが、そんな心配はご無用でした。

レッスンが始まると、みんな、大きな声でHello~!!、元気な顔が揃いました。

真っ黒に日焼けした子どもたちが元気よく色々お話してくれます。

今週はみんなちょっと興奮気味でしたけど、いつものレッスンがスタートしました。

ちょっと夏バテ気味の私でしたが、子どもたちからたくさんのパワーをもらい、

よし!また頑張ろう! という気分になりました。 また忙しくなると思いますが、

みなさん一緒に頑張って行きまっしょい!!(古いセリフかな~)

(ska)
[PR]
by StellarS | 2008-08-20 22:24