Our Stellar  Days
by StellarS
カテゴリ
全体
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
フォロー中のブログ
リンク
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ありがとう (5月31日)

メルマガに「プラス表現のススメ」というコラムがありましたが

極力 私も プラス表現にしようと心がけています。

ついつい「あ、ごめんね」とか「すみません」って言ってしまうところを

あえて意識して「ありがとう」って言うようにしています。

受け取る側は ありがとうのほうが 気持ちがいいはず。


意識して回りを見渡すと マイナス表現が あちこちに ちらばっています。

ちょっと変えただけで とっても素敵な会話になるのに もったいないな。


さあ! 一緒に明日から 「ありがとう」って

言ってみましょ!!

(bin)
[PR]
by StellarS | 2007-05-31 22:30

この時期

あっという間に、一年の中でもっともいやな時期にさしかかりました。

というのは、主婦にとっては、洗濯物がかわかず、寝る間を惜しんで

コインランドリーがよいです。

冬場は、室内の湿度を保つためにも部屋干しできますが、梅雨時期には

さすがにそうもできません・・・・・

子どもが小さいので、毎日、8kの洗濯機が、がんばってくれてます。

今は、おねしょがなおらず、毎日2回戦ガラガラと朝から大忙し

そして、夜には子どもが寝静まったのをみはからい11時までの営業時間に合わせ

混み合うコインランドリーへ・・・・・・

24時間営業があってもいいのに・・・とぼやきながら・・ひとり呆然としてます。


次は、必ず乾燥機付きと決めてます。


Mas
[PR]
by StellarS | 2007-05-31 09:31

結論のでないこと(5月29日)

別にたいしたことではないのですが、この間から

ステラの同僚と結論の出ないことがあります。

「フランス料理はethnic foodとよんでよいのか?」

別にどういうカテゴリーに分類されようがどうでもいいといえば、

どうでもいいのですが、気になります。

私の意見は、ethnic は“民族の”と言う意味なんだから、

ゲルマン民族のフランス人にだって使っていいだったんですけど。

それに対して、賛成 1人 、反対 1人 。

先日、何気なく眺めていた本の中に、“エスニック”の定義が!!

「エスニックは、欧米には使わず、アジア・ラテンアメリカ・アフリカに

対して使われる。したがって、ドイツのエスニック料理とは言わない。」

私の完璧(?)かと思った推論はあっさり否定されちゃったのですが、

この定義にも、賛成 1人、反対 1人。

日本人の“エスニック”定義とアメリカ人のethnicの定義は異なるんじゃないかと。

ちっとも結論が出ません。

どうでもいい些細なことなんですけど、

たいしたことじゃないんですけど、気になります。

気になりませんか?

Lin
[PR]
by StellarS | 2007-05-29 19:25

触発されるのかな? (5月28日)

アメリカに住んでいた頃はNew York Cityまで比較的近かったので
2年間に10回近く足を運んだ。

東京よりNYCの方が土地感がある、というとカッコイイと言われるのだが、
カッコイイというよりカンタンで安いのだ。
基本的には京都の四条周辺のように碁盤の目になっており、
地下鉄1日乗り放題切符もたったの$7 !!

ブロードウェイショウも有名どころからマイナーなものまでたくさん見た。
観客のノリが良いと全員総立ちでフィナーレの歌を口ずさみながら踊れる
"Mamma Mia!"はラッキーなことにその当日はノリの良い観客に恵まれ、
老若男女みんなで踊って歌って楽しくて感動した。

昨日はあるジャズダンスの発表会に呼ばれて観に行ってきた。
毎回ステージを見るチャンスがあるたびに
「あぁ、私も何かせねば!とりあえずは昔やっていたフラメンコとか!」などと
思うのだがなかなか再開できていない。

仕事以外にも夢中になれるものは大切だ!!

(YKF)
[PR]
by stellarS | 2007-05-28 19:41

朝ごはん (5月27日)

最近新聞やテレビでよく「食育」という話題があがっていますね。

小中学生の子どもたちの中には、ひとりで朝食をとる子も多いのだとか。

うちは夕食は主人の帰宅時刻が遅くて家族全員で食卓を囲むことができないので、

朝ごはんは必ず家族4人揃って食べるようにしています。

・・・といっても、平日の朝は、時間に追われているため、楽しい団欒とはかけ離れて

しまっていて、作り手は手間をかけず、そしてみな、短い時間に早く摂取、という

慌しい朝食になっています。

ですから、週末の朝ごはんは、作る側も、食べる側も少しゆったりした気分になって、

作ることも食べることも楽しむようにしています。

最近我が家で流行っている、週末の朝ごはんは、ホットプレートでの朝ごはんです。

朝から、ホットプレート~!?と驚かれるかもしれませんが、案外楽です。

調理器具はホットプレートだけなので、洗い物も少なくてすみますし、

なんといっても、主婦が料理をサボれます。

子どもたちがホットケーキや、フレンチトーストを焼いてくれます。

その横で、ウインナーを焼いたり、お野菜をいためたりすれば、品数も増えて栄養の

バランスもとれます。

ワイワイおしゃべりしながら、時にはテレビもつけちゃったりして、おしゃべりも弾んで、

1・2時間あっという間です。

お昼ごはんもかねてしまって、週末の午前中はゆったりとした気持ちになれます。


みなさんも一度お試しあれ。

(Asa)
[PR]
by stellarS | 2007-05-27 00:38

年をとりたくないのか?? (5月26日)

最近は、すごく暑いなーと思ったら、急に寒くなったり・・・
ちょっとイヤな天気ですね。


ところで、ステラは5月が誕生日の人が多いのですが、
(数日前のブログに誕生日エピソードが書いてありましたね)
私もその一人なのです。

また1歳年をとってしまいました・・・


まだまだ若い気分でいるのに、実はそうでもない。

中学生の生徒たちに、「私が中学生のときはね~」
なんて話しているけど、私の中学生時代は、もう10年以上も前。
(でも、自分はそんなに昔の事ではないと思っているんですけどね)


本日、知り合って間もない方に年齢を聞かれました。
当たり前のように1歳下の年齢を答え、
数十分後、自分は誕生日が来て、1歳年をとったんだ・・・
という事実に気づきました。

どうやら、もうこれ以上年をとりたくないようです。

(rnt)
[PR]
by StellarS | 2007-05-26 22:22

「明日、遠足なんだぁ~♪」 5月25日(金)

恵スクールに来ていた学童児が うれしそうに私に教えてくれました。

よく見れば いつもはお洒落なスカートをはいている女の子達も

今日は やけに体育着が多い。

それも日に焼け、真っ赤な顔で。

聞けば、沼田一周だったり、近くの三峰山に登ったとか・・・

そう言えば、中学生のとき 三峰山に登ったな。

途中、伸びきった雑草で足首を切り

「先生、もぉダメ!!歩けないぃぃ~~~」と甘えたところ

「よし、じゃー、K! オマエが負ぶっていってやれ!」

と、先生は 当時 私が思いを寄せていた男子生徒に命令を。

(へ!? 何で!? 先生、私がKのこと好きなの知ってんの!?)

何とも思い出深い三峰山。 あの時は 真夏のように晴れ上がり 暑かった。


それなのに、それなのに、それなのに・・・

残念ながら今日は大雨。

これじゃ、遠足は中止だろうなぁ~

昨日、あんなに嬉しそうに話してくれたのに。

アララ・・・ 中三生も修学旅行か・・・

いつもより生徒の数が少なく、ちょっぴりさみしい 夜の沼田スクールでした。

(etk)
[PR]
by StellarS | 2007-05-25 19:28

ありがとう(5月24日)

とうとう年貢を納めた・・・というか、なんというか
私事ですが、3月末に結婚をいたしました。

改めてわかったこととして、

お母さんて「すごい」ということでした。

一人暮らしのときとは違う、仕事をしながらの家事。
初めの頃は、時間の使い方がうまくいかなくて
朝から晩までずーっと働きっぱなしの感じでした。

気持ちの持って行き場がないとき、
気持ちが張り詰めているときに、
ふと母が電話をくれたりするのです。

すばらしき母の勘(笑)

「なんでもないんだけど、電話したよ」なんて声を聞くと、
ホッとします。

たわいもないことを話すだけで、気持ちがすーっと楽になるのは
やっぱり母だから。

この年になっても、まだまだ心配をかけているようで・・・。

本当ごめんなさい。

そしてありがとう。

(myk)
[PR]
by StellarS | 2007-05-24 09:45

Who are you? (5月23日)

今日は保育園の30人の年少さんとのレッスンでした。
子供たちに会うのは今日でまだ2回目です。

も~ かわいいのなんのって・・・!
真夏のような暑さの中、流れ落ちる汗もかまわず、思い切り一緒に遊んできました。

レッスン中こちらはすべて英語で話していますが、
このくらいの年の子供たちは
「わからない」とも
「日本語で言ってよ!」とも言わずに
一生懸命こちらを見つめて、
ニコニコしながらすべてをあたりまえのように受け入れてくれる。
本当に、何をやってもかわいい♪ 楽しい♪



夕方、自分の子供たちをつれて近所のスーパーへ行きました。

すると、今日保育園で一緒にレッスンしたばかりの女の子がいたので

「○○ちゃん♪」と呼びかけました。
レッスンのときと同じような、ニコニコ笑顔が返ってくるのを期待して。

ところがその子は、まるで

「へっ?どなたでしたっけ?」

とでも言いたそうな顔をして行ってしまいました。


あっ、あれ? あたしよ、あたしー!!



・・・そうか。
あの子にしてみればレッスン中の私はきっと、
どっか遠くから来たエイリアンみたいなものなのよね。
こんな近所のスーパーで自分の子供たちとベラベラ日本語しゃべってるような人は
あの子にしてみれば 「えいごのせんせい」 とはちがう人なわけだ。。。


レッスンで完璧に「英語人」になりきっている自分を認めてもらえてうれしいような、
でもやっぱり気づいてもらえないと悲しいような・・・(^^;)


(rik)
[PR]
by StellarS | 2007-05-23 22:30

思い出のたんじょうび(5月22日)

5月は誕生日の人が多いとステラではよく話題にのぼります。

そして私も5月生まれ。

誕生日といってなぜか一番記憶に残っているのが、中学生のときのことです。

それまで欠かさず、祝ってもらってたのに、その年は母親が忘れたのです。

いつ祝ってくれるんだろうなぁ~♪なんて反抗期に入りはじめで

半分すねてるような態度をとってるわりには、そんなことを楽しみにしたりして

いたのを覚えています。

しかし、ちっとも話題に出てこないことにとうとうしびれをきらせて

自分から切り出したら、「あら、忘れてた!!」と。

すねましたよ、結構。もう大きくなってきたからだとはわかりながらも、

すねてる自分がかっこ悪いと思えば思うほどますます腹がたったりして。

次の年の誕生日、学校から帰ってきて何気なく冷蔵庫を開けたら、

お皿いっぱいに「たんじょうびおめでとう」と書かれた手作りの大きなプリンが。

すっごいうれしかったんですよ。でも、でも、なんと表現してよいかわからず、

「冷蔵庫見ちゃったよ。」と告げたら、母が「せっかく隠しておいたのに・・・」

とがっかり顔。

しらじらしく驚いてあげればよかったかなぁ~、なんて思いながらも、そんな器用な

こともできなかった思春期の思い出の誕生日です。

                                              (Lin)
[PR]
by StellarS | 2007-05-22 17:44